Notepad3 解説と日本語化パッチ

Notepad3

Notepad3日本語化パッチがないということで作ってみました(後に本家が多言語プロジェクト化しパッチ不要に)。ついでに解説。初期状態でメモリ使用量は4MB未満で軽快動作。起動速度でいえばメモ帳と変わらないですね。インストーラ版でインストールすれば、メモ帳を置き換えます。あるいはレジストリを使わないポータブル版としても使えます。

パソコンを開いていて何か書こうとか、コピペとか思った時に、2秒後には画面は出ているので必須なんですね。紙を!というか。とりあえずこれで開いてみて間違いない。Windowsのメモ帳では固まったり、古くは折り返しが勝手に入ったりあまりにも貧弱だったので。

対応言語は45くらい?システムファイルもハイライトするのでメモ帳よりはるかに便利です。

  • バッチ(.bat)、設定ファイル(.iniなど)、レジストリ(.reg)、Diffファイル
  • HTML, XML, Perl, CSS, JavaScript, JSON, VBScript, Markdown, ASP (JS, VBS)
  • C/C++, C#, Resource Script, Makefiles, CMake, Java, Visual Basic
  • Inno SetupPascal, アセンブリ, PowerShell, Shell Script(bash)
  • Perl, Python, Apache Config, SQL
  • AutoHotkey (AHK), AutoIt3, AviSynth, CoffeeScript,
  • LaTeX, Lua, NSIS, Ruby, Tcl, YAML / VHDL scripts
  • Awk, D Script, Go Script, MATLAB, Nim, R-S-S (R言語?)
  • NFO/ANSI art

WEB標準となっているUTF-8以外にも、様々な文字コードに対応。ファイルごとにカーソル位置、文字コード、行しおり(ブックマーク)を記憶。置換機能は選択オプションが多く、正規表現も強力な鬼雲が使えます。文書内2度目の単語入力を補完します(まあしかし日本語では文章を拾ってしまい非常に長い候補になるので要望し、2018年8月時点の開発版でアルファベットだけを検出する設定もできるようになりました)

この開発版でRust構文ハイライトにも対応、トゥルーインライン入力に対応、文字コード検出強化中、予約語自動補完も追加。開発が早いというか、魔法使いが開発していて、要望が通ればその日から数日でPortableAppsの形態で公開されます。2018年11月半ばでリリース候補版となっており、近々正式版が出るでしょう。

以下、画像で説明。 Continue…

Notepad2 / Notepad2-mod /metapath / Notepad3 日本語化パッチ

Notepad2-modとmetapath。
Notepad2/Notepad3の日本語化パッチを作りました。

Notepad2は、メモ帳を文字通り置き換える、軽快テキストエディタで機能も充実しています。20言語ほどの基本的なプログラミング言語ハイライト、多様な文字コードの対応、簡易正規表現、多様な文字列変換処理があり矩形選択(箱型、Alt押し)でも処理できる。専用の軽快エクスプローラmetapathもあり。2004年から開発が開始され2011年に停止している。レジストリは使いません。軽快ということでタブ、ウインドウの分割は実装されない。初期状態でメモリ使用量3MB台とか(Notepad3でも大差ない)。

Notepad2-modが開発を引き継ぎ、2017年5月が現時点の最新バージョン。初代がオープンソースなので機能追加されてきた。HTML/CSSなど新しい予約語の追加、新しくMarkdown/CoffeeScript/Ruby/AutoHotkey/bashなど15言語ほどの構文ハイライトが追加。コードの折りたたみブックマーク(行しおり)に対応。同じ文書内の単語の2度目の入力で、単語補完。検索時など、一致文字列をハイライトする単語マーカー。Windows 2000対応版あり。

さらにNotepad3が登場し、夏時点で活発に開発されている様子。JSON/Go/MATLABなど10言語以下の構文ハイライトが追加。鬼雲強力な正規表現の採用。アイコンが刷新され高解像度にも対応。文書内URLのリンク。カーソル位置・ブックマーク・文字コードを、ファイルごとに記憶。metapathもMiniPathに更新。DirectWriteでのフォント描画にも対応。テキストエディタとして痒い所に手が届く。

いずれもインストーラ版でインストールすれば、システムファイルはそのままでメモ帳の呼び出しを置き換える。

Notepad2-modを継承したzufuliu版Notepad2が意欲的に開発されており、括弧/インデントの自動補完、プログラミング言語の予約語も単語補完、各種変換機能、文字コード検出改善、プログラムエディタとして痒い所に手が届く系(ゆえに以下機能はない:鬼雲、ファイルごとに記憶など)。ぜひzufuliu版とNotepad3で合体してほしい笑 今2018年9月ですけど、次の正式リリースでNotepad3とzufuliu版Notepad2の両方が、DirectWriteによるフォント描画とトゥルーインライン入力に対応します。

Continue…

Windows版QuickLook―軽快動作の多様なファイルプレビュー

macOSのファイルプレビューQuick Lookを、Windowsで実現するソフトです。ファイルの編集は目的ではなく、色んな種類のファイルのプレビューをとにかく早くという感じです。スペースで起動、再びスペースで終了。ほかの同様のソフトは有償だったりということで、このQuickLookが、2017年5月から開発されています。

Windowsではエクスプローラーで「表示」「プレビューウインドウ」と選択すれば、右側に表示できるファイルの種類もあるけど、ちょっと貧弱。ほかにWinQuickLook(ストアで有償)、Quick Eye(Win10で有償、Win7/8無償)、Seer(使ったことない)などあります。

特徴

  • テキスト、コード・スクリプト、PDF、.md、圧縮ファイル、動画、音楽など多様なファイルを秒でプレビュー。
  • スペースキーを押すだけ、秒で起動し素早くプレビュー。再びスペースで終了。
  • ピン止めがあり終了しないこともできます。(ピン止めした場合は、Xで終了)
  • 映像では、余分なボタンや枠などを表示せず、映像のみが表示できます。
  • 全画面表示もできます。

Continue…

超軽い動画再生ソフトのPotplayer

最初から入っているWindows Media Playerはなんか貧弱、無料の動画再生ソフトには、VLC Media Player、GOM PlayerとかMPC(Media Player Classic)とか色々あります。以下2点を満たす動画再生ソフトはなかなかないですね。

  • 動作が軽くて、余計なデザインがない
  • かなり、いろんなファイルを再生できる

Potplayerがあります。ただ設定がとっつきにくい。なので設定を説明しよう!、と。旧名称のKMPlayerだった2008年から使ってます。

特徴

  • 秒で起動します。軽快ですし、複数映像を再生しても軽快です。
  • 余分なボタンや枠などを表示せず、映像のみが表示できます(要設定)。
  • キーボードの1 2 3 4 5 で映像サイズを、0.5倍から2倍くらいまで、瞬間的に拡大縮小。XとCで再生速度の早/遅。
  • キーボードの[ で開始箇所 ] で終了箇所 を指定し、その区間をリピート再生できます。(Shiftを押しながらで、その指定を解除)
  • 進捗バーにサムネイルを表示(要設定)。
  • マウスホイールで、早送り/巻き戻しができます。(要設定)

Continue…

Gemini Lake、Apollo Lake、Braswell、ASRock、LIVA Z・Z2の比較

このページは、おもむろに更新されます。

Gemini Lake / Apollo Lake、LIVA Z2 / LIVA Z、J5005-ITX / J4205-ITX を中心に、性能や拡張性を見ていきます。以下を比較します。

  • コードネーム、Mini-ITXの製品名、LIVAの名前(2018年10月)
  • Gemini Lake、J5005-ITX、LIVA Z2(2018年10月)
  • Apollo Lake、J4205-ITX、LIVA Z(2016年)
  • Braswell、N3700-ITX(2015年)

Apollo Lake: J4205-ITX vs Braswell: N3700-ITX

Apollo Lakeのほうが、CPUパワー・映像パワー共に30%前後増しで、電力は下がるのではという感じです。

Continue…

2018年のGemini Lake―完成したApollo Lakeの後継

後半が新しいGemini Lakeについて、前半がその前のApollo Lake。2018年1月-5月にも加筆更新しました。

完成したエコパワPC LIVA Z―Apollo Lake

既にApollo Lakeで4K、そしてトリプル・ディスプレイ、VP8の半分の転送量で済むYoutubeの使うVP9コーデックのハードウェア・デコードに対応し、小型省電力PCは既に完全体となった感はある。Apollo Lakeは2017年初頭にLIVA ZとしてLIVAシリーズに組み込まれ、手のひらサイズで約3万円と小型化を極めた。いうなれば標準PCとして全国民に配布し、津々浦々の消費電力を低下させるべく完成体である。

LIVA Zはアイドル時4-5W、負荷時16W。

Continue…

2016年の話題、Mini-STX、Braswell Refresh、有機EL

簡単に。Braswell後継の毛の生えた性能アップのBraswell Refresh。さらにその次のApollo Lake登場。CDケースサイズのMini-STX登場。有機EL液晶はどうなっているのか。

更新9月20日、Mini-STXと2TB SSD販売開始、MacType公式に動きあり)

Braswell Refresh

Braswellに毛の生えたBraswell Refreshが登場。SATAポートが増加、GPUのバーストクロックが740MHzへ40MHz増加。

さらにBraswellの後継Apollo Lakeの製品が2016年10月に登場し、解像度4Kで60Hzの出力をサポートしたのが大きい。さらに高速処理、省電力。ASRock J4205-ITXがちょっと欲しいです。省電力小型PCの完全体という感じ。DDR4に対応するものの製品ではまだ対応していないので、これを待ってもいいかもしれない。GIGAZINEによれば、Apollo Lakeの登場により、ノートパソコンの価格をさらに下げてくる。VP9コーデックのハードウェアデコードに対応し、YoutubeがVP9コーデックを使い始めたのでこれを低負荷で再生できる。

Apollo Lake

Continue…

2015年版省電力PCの探索―Bay Trail-DからBraswellへ

これまでBay Trail-Dが出ていたんですけど、2015年にBraswellが出てきた。あまり大きな性能差はないと思われ、ただ、仕様上トリプルディスプレイに対応した。4K対応はまだ不完全だ。あとはUSB3.1とM.2.について。

前回が、2014年版、新たなる省電力PCの探索です。2014年6月にBay Trail-DのJ1900の上位版で最上位のJ2900が出ている。

・ECS BAT-I (V1.2) 2014年6月
・ASRock Q2900-ITX 2014年12月

Braswell

それから2015年6月にBraswell版が出てきた。これは、マザーボードでは、CeleronN3150が10種類くらい出ていて、下位版のCeleronN3050が4種類、Pentium N3700が2種類です。最上位のPentium N3700では、Supermicroは組み込み向けで高いので、ASRockで一択です。DisplayPort付きは以下3つです。

Continue…

2K、4K、8K、HD、フルHD、うんぬん

2010年、アップルからRetinaのモニタを搭載したiPhone4が登場し960ピクセルx640ピクセルが小さな画面に映し出されるという、表示密度が高い、高精細なモニタが普及し始めた、と。それはすぐに、HDに近づく。チップセットとしてBraswellが出てきて、4Kへの過渡期にあるのでまとめておこうと。
2015年版省電力PCの探索―Bay Trail-DからBraswellへ(当ブログ)

2017年に以下の重大ニュースがあり、これが2018年前半のHDMI一択を生じている。

・中村真司 VESA、DisplayPortコネクタのフェードアウトを示唆。将来的にはUSB Type-Cに集約, 2017年6月19日, PC Watch

Continue…

Top