Notepad3 解説と日本語化パッチ – Atom Fusion
nowHere
Home > ソフトウエア > Notepad3 解説と日本語化パッチ

Notepad3 解説と日本語化パッチ


Notepad3

Notepad3日本語化パッチがないということで作ってみました。ついでに解説。初期状態でメモリ使用量は4MB未満で軽快動作。起動速度でいえばメモ帳と変わらないですね。インストーラ版でインストールすれば、メモ帳を置き換えます。あるいはレジストリを使わないポータブル版としても使えます。

パソコンを開いていて何か書こうとか、コピペとか思った時に、2秒後には画面は出ているので必須なんですね。紙を!というか。とりあえずこれで開いてみて間違いない。Windowsのメモ帳では固まったり、古くは折り返しが勝手に入ったりあまりにも貧弱だったので。

対応言語は45くらい?システムファイルもハイライトするのでメモ帳よりはるかに便利です。

  • バッチ(.bat)、設定ファイル(.iniなど)、レジストリ(.reg)、Diffファイル
  • HTML, XML, Perl, CSS, JavaScript, JSON, VBScript, Markdown, ASP (JS, VBS)
  • C/C++, C#, Resource Script, Makefiles, CMake, Java, Visual Basic
  • Inno SetupPascal, アセンブリ, PowerShell, Shell Script(bash)
  • Perl, Python, Apache Config, SQL
  • AutoHotkey (AHK), AutoIt3, AviSynth, CoffeeScript,
  • LaTeX, Lua, NSIS, Ruby, Tcl, YAML / VHDL scripts
  • Awk, D Script, Go Script, MATLAB, Nim, R-S-S (R言語?)
  • NFO/ANSI art

WEB標準となっているUTF-8以外にも、様々な文字コードに対応。ファイルごとにカーソル位置、文字コード、行しおり(ブックマーク)を記憶。置換機能は選択オプションが多く、正規表現も強力な鬼雲が使えます。文書内2度目の単語入力を補完します(2018年8月時点の開発版でアルファベットだけを検出する修正が入っています、あとRust構文ハイライト対応)

以下、画像で説明。

配色は自分で設定でき黒ベースにしてあります。初期状態は白地に黒文字です。

アイコン メモ帳を置き換えますから、アイコンも似ています。
左: Notepad2-mod、中: メモ帳、右:Notepad3
高解像度アイコン:高解像度の大きいツールバーも表示できます。逆に、チェックを外せば以前と同じく小さくもなります。
編集制限モード:最新バージョンについている新しい機能は、説明がないので詳細不明なんですけど、目のマークをオンにすると編集できなくなるみたいです。誤操作の誤編集を防ぎますね。
URLリンク:地味に便利な機能です。
行幅フィット:左の行幅が最小限になります。Notepad2-modでは、折りたたみ用機能が入る部分が予約されていて開いているんですが、Notepad3では折りたたみがない文書では詰められます。ですし、行の桁数が増えるのに伴って行幅が広くなります。ジャストフィット感が心地いいです。
標準配色2:すぐ第2の配色パターンに切り替えられるので、日本語化パッチに付属の設定ファイルは、この2をダークカラーにしています。文字色が変えられないので、白でも黒でも見ることができるという色にしか設定できませんが。テーマ設定とかはないけど、色のエクスポート/インポートができるので、どなたか公開してください笑。フォントの設定はここ「表示」の上から4番目です。
単語マーカー:選択文字列が随時、あるいは検索ヒットの文字列がマーカーされます。初代にはない機能で2-modからです。
単語一望モード:マーカーされた状態で、一望モードを選択すると、ヒットしていない行が折りたたまれ、検索状況が一望できます。
充実した検索/置換機能:検索/置換でオプションが多いので、パソコン操作が上達するにつれて、複雑なものが使えるようになります。鬼雲が採用され、正規表現が強力になりました。

検索/置換の構文ヘルプ:基本的な構文の簡易ヘルプが表示できます。学習中の方がササっとやりたい時、すごい便利だと思います。

日本語化パッチはこちらからどうそ。2からある機能の説明も。

ちょうど、多言語化をNotepad3に組み込みはじめたので、日本語版が8月19日に暫定完成したので、それ以降に作成された本家ソフトウェアが自動で日本語メニューとなります。

DirectWriteによるフォントレンダリング

Notepad2では明示的にクリアータイプ適用の指定ができ、Notepad3では、何も指定しなくても最初からクリアータイプが有効の様子。

いろいろ試してみたけど、設定ファイルNotepad3.iniに以下の設定をすると、DirectWriteがオンになるけれど、クリアータイプより綺麗に見えるかどうかは、フォント次第という感じでした。

[Settings2]
SciDirectWriteTech=1
SciFontQuality=3

2018年8月の開発版でメニューから変更できるようになっています。

設定ファイル種々

使い方注意

英語圏のエディタなので、日本語のフォントを設定していないと文字化けしやすい。これは特にNotepad2-modまでですね。これは設定するまでだけです。

ほかに文字コードの検出が弱いのか、ANSI(アルファベットだけとか)とUTF-8がそれぞれ逆に検出されて、文字化けしていることがあります。この時は、今ANSIならUTF-8、今UTF-8ならANSIで「読み直し」をするとたいてい直ります。「読み直し」ではなくて、「エンコード」(変換)を選択しないよう。もしエンコードしてしまったら上書き保存しないように。これは注意ですね。UTF-8をANSIで保存すると日本語だった部分は、存在しなくなっちゃいます。

アルファベットだけなら、英語圏ではこの仕様のほうがUTF-8でなくANSIで保存できファイルサイズが小さくできるのかもしれない。

Notepad3で文字コードのEUCにも対応している感じですね。多言語対応していきたいみたいなことが書かれているので、要望してみれば変わってくるかもしれない。Notepad2-modではそういう雰囲気はなかった。単語補完の単語を半角空白で検出しているため、日本語では長文が出ることと、以下のMarkdownのバグとを要望してみました。これは要望が通り、単語補完をアルファベットだけ検出する改善版が開発版として出たので、8月7日中にパッチをあげます。

あとは予約語の入力補完をしたい場合、zufuliu版Notepad2が出ていました。これも日本語化パッチを用意しました。

Markdownで、リンクタイトルにアルファベット以外を入れるとハイライトがおかしくなるので、もう一回Markdownで読み込むといい。F12を押したり、右下の文書の種類ダブルクリックです。これはNotepadではなくベースとなっているシンティラの仕様らしく、ちょっとまた調べてシンティラの方を見てみます。

過去のバージョンがWindows XPに対応しているみたいだけど、ダウンロードするようにできるサーバーを探しているみたいに書いてあって現時点では入手できない。パッチを作るのを結構自動化したので、ファイルさえあればすぐにできます。


コメントを残す

Top