nowHere
Home > ソフトウエア > Notepad3 解説と日本語化パッチ

Notepad3 解説と日本語化パッチ


Notepad3

Notepad3日本語化パッチがないということで作ってみました(後に本家が多言語プロジェクト化しパッチ不要に)。ついでに解説。初期状態でメモリ使用量は4MB未満で軽快動作。起動速度でいえばメモ帳と変わらないですね。インストーラ版でインストールすれば、メモ帳を置き換えます。あるいはレジストリを使わないポータブル版としても使えます。

パソコンを開いていて何か書こうとか、コピペとか思った時に、2秒後には画面は出ているので必須なんですね。紙を!というか。とりあえずこれで開いてみて間違いない。Windowsのメモ帳では固まったり、古くは折り返しが勝手に入ったりあまりにも貧弱だったので。

対応言語は45くらい?システムファイルもハイライトするのでメモ帳よりはるかに便利です。

  • バッチ(.bat)、設定ファイル(.iniなど)、レジストリ(.reg)、Diffファイル
  • HTML, XML, Perl, CSS, JavaScript, JSON, VBScript, Markdown, ASP (JS, VBS)
  • C/C++, C#, Resource Script, Makefiles, CMake, Java, Visual Basic
  • Inno SetupPascal, アセンブリ, PowerShell, Shell Script(bash)
  • Perl, Python, Apache Config, SQL
  • AutoHotkey (AHK), AutoIt3, AviSynth, CoffeeScript,
  • LaTeX, Lua, NSIS, Ruby, Tcl, YAML / VHDL scripts
  • Awk, D Script, Go Script, MATLAB, Nim, R-S-S (R言語?)
  • NFO/ANSI art

WEB標準となっているUTF-8以外にも、様々な文字コードに対応。ファイルごとにカーソル位置、文字コード、行しおり(ブックマーク)を記憶。置換機能は選択オプションが多く、正規表現も強力な鬼雲が使えます。文書内2度目の単語入力を補完します(まあしかし日本語では文章を拾ってしまい非常に長い候補になるので要望し、2018年8月時点の開発版でアルファベットだけを検出する設定もできるようになりました)

この開発版でRust構文ハイライトにも対応、トゥルーインライン入力に対応、文字コード検出強化中、予約語自動補完も追加。開発が早いというか、魔法使いが開発していて、要望が通ればその日から数日でPortableAppsの形態で公開されます。

以下、画像で説明。

配色は自分で設定でき黒ベースにしてあります。初期状態は白地に黒文字です。

アイコン メモ帳を置き換えますから、アイコンも似ています。
左: Notepad2-mod、中: メモ帳、右:Notepad3
高解像度アイコン:高解像度の大きいツールバーも表示できます。逆に、チェックを外せば以前と同じく小さくもなります。
編集制限モード:最新バージョンについている新しい機能は、説明がないので詳細不明なんですけど、目のマークをオンにすると編集できなくなるみたいです。誤操作の誤編集を防ぎますね。
URLリンク:地味に便利な機能です。
行幅フィット:左の行幅が最小限になります。Notepad2-modでは、折りたたみ用機能が入る部分が予約されていて開いているんですが、Notepad3では折りたたみがない文書では詰められます。ですし、行の桁数が増えるのに伴って行幅が広くなります。ジャストフィット感が心地いいです。
標準配色2:すぐ第2の配色パターンに切り替えられるので、日本語化パッチに付属の設定ファイルは、この2をダークカラーにしています。文字色が変えられないので、白でも黒でも見ることができるという色にしか設定できませんが。テーマ設定とかはないけど、色のエクスポート/インポートができるので、どなたか公開してください笑。フォントの設定はここ「表示」の上から4番目です。
単語マーカー:選択文字列が随時、あるいは検索ヒットの文字列がマーカーされます。初代にはない機能で2-modからです。
単語一望モード:マーカーされた状態で、一望モードを選択すると、ヒットしていない行が折りたたまれ、検索状況が一望できます。
充実した検索/置換機能:検索/置換でオプションが多いので、パソコン操作が上達するにつれて、複雑なものが使えるようになります。鬼雲が採用され、正規表現が強力になりました。

検索/置換の構文ヘルプ:基本的な構文の簡易ヘルプが表示できます。学習中の方がササっとやりたい時、すごい便利だと思います。2-modからの機能です。

日本語化パッチはこちらからどうそ。2からある機能の説明も。

ちょうど、多言語化をNotepad3に組み込みはじめたので、私の日本語訳のリソースファイルが8月19日に暫定完成したので、それ以降に作成された本家ソフトウェアが自動で日本語メニューとなります。

入力中の文字を挿入して表示するトゥルーインライン入力と、変換中の色が変更可能になっています。:2018年9月22日の開発版の画像です。
[Settings2]
IMEInteraction=1

インライン入力を有効にするにはこの記述の設定が必要です。

DirectWriteによるフォントレンダリング

Notepad2では明示的にクリアータイプ適用の指定ができ、Notepad3では、何も指定しなくても最初からクリアータイプが有効の様子。

当初、設定ファイルNotepad3.iniの設定で、DirectWriteでテキストを描画する設定が追加されていました。いろいろ試してみたけど、クリアータイプより綺麗に見えるかどうかは、フォント次第という感じでした。2018年のWindows10の更新で登場した「デジタル教科書体」はDirectWriteより、標準のGDIの方がいいです。

[Settings2]
SciDirectWriteTech=1
SciFontQuality=3

開発版ではこの設定はメニューからできます。
GDI/DirectWriteの設定 2018年8月の開発版から、メニューで簡単に変更できるようになっています。3種の違いが分からないですけど笑

以下サイトによればこうです。グラフィックAPIのGDIは、Windows XPでも使われている以前のものです。DirectWriteはWindows 7から使われており、DirectXを通すためGPU処理も使い高速かつ綺麗になる可能性がある。

2番目のサイトによればこうです。まとめて描画するのに特化しているというのがDirectWriteの特徴だが、そうではなく1字ずつ2136字を描画したところ、初回描画は時間がかかるものの、OSがキャッシュをしているので2回目からは高速になるとのこと。64pxではキャッシュされているが、それ以上ではそうではないため早くならない。

設定ファイル種々

使い方注意

英語圏のエディタなので、日本語のフォントを設定していないと文字化けしやすい。これは特にNotepad2-modまでですね。これは設定するまでだけです。

ほかに文字コードの検出が弱いのか、ANSI(アルファベットだけとか)とUTF-8がそれぞれ逆に検出されて、文字化けしていることがあります。この時は、今ANSIならUTF-8、今UTF-8ならANSIで「読み直し」をするとたいてい直ります。「読み直し」ではなくて、「エンコード」(変換)を選択しないよう。もしエンコードしてしまったら上書き保存しないように。これは注意ですね。互換性のない文字だった場合、なくなっちゃいます。2018年8月には、GoogleのCompact文字コード検出というやつを組み込みはじめて強化中みたいです(定訳が見つからず、Compactの訳し方が不明なのでそのままとする)。Chromeに実装されている文字コード検出エンジンの様子。

単語補完の単語を半角空白で検出しているため、日本語では長文が出ることと、以下のMarkdownのバグとを要望してみました。これは要望が通り、単語補完をアルファベットだけ検出する改善版が開発版として出ました。

予約語の自動補完をしたい場合、zufuliu版Notepad2が出ていました。これも日本語化パッチを用意しました。しかしNotepad3も対応しました。自動インデントがあるのはNotepad2です。あと若干対応言語が違う。自動インデントしたいときは2、3で文字化けするファイルは2で開くなど使い分けています。

Markdownは自分が修正しました。以前のバージョンでは、Markdownで、リンクタイトルにアルファベット以外を入れるとハイライトがおかしくなっていました。もう一回Markdownで読み込むと直るので、F12を押したり、右下の文書の種類ダブルクリックです。まあまだバグはあるみたいなので、覚えておいて損はない笑

過去のバージョンがWindows XPに対応しているみたいだけど、ダウンロードするようにできるサーバーを探しているみたいに書いてあって現時点では入手できない。パッチを作るのを結構自動化したので、ファイルさえあればすぐにできます。

他の軽いエディタで他の機能

Grepなら、サクラエディタです。Grepは、フォルダ内のサブフォルダを含めて、全文検索するという感じです。サクラエディタは高速Grep、除外設定もでき、ヒットしたファイルを個別に開くのも簡単です。このエディタも2MBいかないし、かつ軽いっすからね。Monokai風

縦書きで印刷なら、iText Expressです。まず縦書きでスムーズに印刷にたどり着けるソフトウェアが、ほかに見つかっていない。背表紙を作るのに便利です。A4用紙を半分に折った時の背表紙側に、縦書き印刷したものをハサミで切ってセロファンテープで張り付けるという感じです。この用途です。このエディタはiText.exeという実行ファイルだけで起動できて1MBも全然いかないので、このためだけに持っていても用量圧迫もありません。レジストリに書き込んでいるかもしれん。しいて言えば、デジタル教科書体で印刷したい場合は、「編集」プレファレンスから、フォントを変更して開きなおすいい。

インストールなしのソフトで縦書きなら色々ありますが、印刷してみると。

  • CatMemoNote – 印刷は、標準のメモ帳に渡され横書きで印刷される。
  • Mery – 印刷は、20行ほど印刷したら、最後の1行だけ印刷された。
  • TATEditor – 印刷は、PDFで印刷という機能があるが、これを選択すると「フォントがなんとか」というエラーが出て使えなかった。

こういう感じで、なかなか印刷までたどり着けないです。また、自分的には縦書きに沿っての機能は充実していなくていいので。


コメントを残す

Top