2018年のGemini Lake―完成したApollo Lakeの後継

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

LIVA Z2について末尾に追記(2018年1月)。

完成したエコパワPC―Apollo Lake

既にApollo Lakeで4K、そしてトリプル・ディスプレイ、VP8の半分の転送量で済むYoutubeの使うVP9コーデックのハードウェア・デコードに対応し、小型省電力PCは既に完全体となった感はある。Apollo Lakeは2017年初頭にLIVA ZとしてLIVAシリーズに組み込まれ、手のひらサイズで約3万円と小型化を極めた。いうなれば標準PCとして全国民に配布し、津々浦々の消費電力を低下させるべく完成体である。

ECS 小型デスクトップパソコン LIVA Zシリーズ Pentium N4200/メモリ4GB/eMMC32GB/Windows 10 Home LIVAZ-4/32-W10(N4200)

LIVA Zはアイドル時4-5W、負荷時16W。

LIVAZ-4/32-W10(N4200)は、Intel Core i3 3217Uの初代Intel NUCと遜色ないほど快適でした!!!(ZIGSOW、2017年6月11日)

なぜ当ブログは「エコロジー・パワフル」を名乗ってきたか。まったく音のしないPCが欲しかったのであり、そのためには低消費電力で、しかしまた操作性に問題のないほどのパワーが欲しかった。ほとんど見ないサイトだけど、動きを作るために十数年前にPentium Mスレの1に「エコロジーでパワフルなCPU」というキャッチコピーを侵入させ、それは今でも続いている。そのようなパソコンはずっと作ってきたので、省電力チップセットのIntelのAtomと、AMDのFusionを取り上げた「Atom Fusion」なるブログを作り、そのすぐあと311に爆発が起きた。一層「エコロジー・パワフル」は追及されるべき。

Gemini Lake

Apollo Lakeの後継のGemini Lakeは2018年初頭に登場する。

L2キャッシュが4MBと倍になり、デコーダーが3-wayから4-wayに増える。Apollo LakeのVP9 8-bit Profile 0のサポートから、Gemini LakeではVP9 10-bit Profile 2のサポートとなる。このことはYoutubeのHDR映像に対応することを意味する?

HDMI2.0となりウルトラHD Blu-rayディスク(UHD-BD)に対応?

次の世代の低消費電力SoC―“Gemini Lake”の詳細(2017年5月29日)

“Gemini Lake”のGPUは10-bit VP9 Hardware Decodingに対応する(2017年8月3日)

Intel Celeron “Gemini Lake” mit HDMI 2.0 und SGX(2017年8月14日)

特に大規模な変更は起こらず。

LIVA Z2

LIVA Z2が2018年4月くらいに登場?性能的な変更点はここまでに書いた感じで、サイズのバリエーションが増える。
  • LIVA Z(旧) – 117 x 128 x 33 mm
  • LIVA Z2(新) 117 × 128 × 51 mm – 2.5 SSD/HDD x 1 – USB 3 Type-A x 3, USB 3Type-C x1
  • LIVA Q2(新) 70 × 70 × 33.4 – eMMC 32/64GB – USB 3 Type-A x 1, USB 3Type-C x1 – HDD用量固定でUSBが少ないが小型。
  • LIVA One SoC(新) 199.4 × 188.3 × 45 mm – 2.5 SSD/HDD x2 ハードディスクが2個のる。

全体的に映像はHDMI。小型は音声も3.5mmジャックでなく、HDMI audioとなる。

ECS at CES 2018: LIVA Z2, LIVA Q2 & LIVA One SoC Gemini Lake-Based UCFF PCs 2018-1-12, anandtech.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です